抱き枕クリーニング

抱き枕のクリーニング、ご依頼で熊本市中央区に集荷に伺いました。

そもそも抱き枕は洗えないと思っているお客様もいらっしゃいます。

中綿の素材が大きく分けて3つあります。

・低反発、スノー低反発

・極小ビーズ

・ポリエステル綿

低反発は家庭では洗ってはいけません。低反発の素材は「ウレタン」ですので、水分を吸うことによって自負が重くなりポロポロと破けてしまう性質があるからです。

 

極小ビーズもクリーニングにお任せした方が良いでしょう。

もちもちとした感触の発泡スチロールより細かくしたような素材。

クリーニング方法

①水だけで、押し洗いする。長い時間水に浸さない。

②洗濯機の脱水を行う。速やかに短時間の脱水が重要です。

③形を整えて日陰で干します。しっかりと中心部まで乾燥させます。

ポリエステル綿

化繊綿ともいわれる人工繊維です。弾力性があり、ソファやクッション、ぬいぐるみにも使われている素材です。こちらの素材は家庭でも洗えるものが多いですが、抱き枕自体が長いものが多いですので、クリーニング店の大きな水洗機でジャブジャブ洗った方が良いかと思います。

 

熊本ロイヤルクリーニングのスタッフが抱き枕を見極めて、最適なクリーニング作業を行います。

もしご家庭で洗う場合は、注意が必要な点としまして

・乾きにくい

・偏りが出来る

・洗濯表示タグが付いていないことがある

この点に注意が必要です。

 

洗えない抱き枕の場合は

・お湯で濡らしたタオルで拭く

・カバーを洗う

・天日干し

・除菌・消臭スプレー

 

熊本ロイヤルクリーニングでは、洗えない抱き枕や洗濯タグが付いてない抱き枕も、クリーニング承っております。

同時に中綿を詰め替え、詰め足し。

ほつれ、破れの修理や補正も行っております。

今回のお客様の抱き枕も避けの修理もクリーニングと一緒にお受けいたしました。

 

抱き枕クリーニングなら

熊本ロイヤルクリーニングへ

前の記事

相撲まわしクリーニング